fbpx

身体活動による勃起不全予防戦略

身体活動による勃起不全予防戦略
身体活動による勃起不全予防戦略
誰もEDになりたくない

勃起不全の問題は、私の泌尿器科のトピックのトップ ランキングの 1 つに分類されます。この厄介な問題は、この重要な臓器を病気から復活させるために常に最善を尽くしているため、この状態を経験した人にとっては非常に動揺しています.医師からの最も一般的で簡単な推奨事項は、「定期的に運動してください」という簡単な文です。限られた時間のために医師がすべての答えを明らかにできないことがあるという多くの質問が患者の心に浮かびました。このトピックは、医学に基づくエビデンスとともに開示します。

身体活動による勃起不全予防戦略
「定期的な運動」の本当の定義は何なのか気になったことはありませんか?

勃起不全予防戦略Q&A

質問 : 誰が運動から利益を得ますか?

回答 :誰もが、 を除外する 侵襲的に治療された虚血性心疾患の病歴がある人。

  • 重度の虚血性心疾患患者は、勃起不全を悪化させる可能性のある薬物療法を使用しなければならないため.
  • 最適強度に達しない運動耐性問題
身体活動による勃起不全予防戦略
侵襲的に治療された虚血性心疾患の病歴がある患者は、運動を行うのに適していません。

質問 : どのような運動が推奨されていますか?

回答 : 中強度から高強度の運動

  • 有酸素運動 – ランニング、早歩き、ジョギング、サイクリング、水泳
身体活動による勃起不全予防戦略
サイクリングは、推奨される身体活動の 1 つです。

質問 : 耐荷重トレーニングは勃起不全も改善できる?

回答 : 耐荷重トレーニングは単一モダリティとして勃起不全を改善することはできません.上記の有酸素運動と組み合わせる必要があります。

身体活動による勃起不全予防戦略
水泳は推奨される身体活動の一種です。

質問 :骨盤底筋運動はいかがですか?

回答 : 文献では、骨盤底運動による勃起不全の改善は「NO」と断言されていました。

質問 : 1回のエクササイズは何分ですか?

回答 : 最適なセッションは

  • 1セッション40分、週4回(週160分)
  • ***運動セッションを毎週 200 ~ 300 分に増やすことができれば、毎週 160 分以上改善されます。

質問 : 最適な運動による勃起不全の改善はどのくらいの期間期待できますか?

回答 : 定期的な最適な運動セッションの6か月後

  • EDの大幅な改善を示す最短のトレーニング期間は2か月だったので、2か月以内に何らかの変化に気付くことができます.

質問 : 運動をしている間、ED特有の治療を続ける必要がありますか?

回答 : 論文によると、ED 特有の治療と組み合わせると、運動セッションのみよりも多くの結果を予測できます。

これらはすべて、私がいつも患者に伝えている推奨要約文です。

  1. 定期的な適度から激しい有酸素運動
  2. 1回40分
  3. 週4回
  4. 最低でも6ヶ月

私の記事があなたの疑いを明確にするのに役立つことを願っています.医師は何を意味していますか? 「定期的な運動」?ご不明な点がございましたら、信頼できるアンドロロジストにご相談いただくか、メールをいただければ幸いです。次の記事でお会いしましょう!

私の公式ウェブサイトにアクセスできます ここ.

無料1
無料2
WeChat
WhatsApp BW 3
テレグラムファイナル
ライン

に関するトピック 男性の健康

割礼ホッチキス

割礼ホッチキス:割礼のためのより良い方法

今日は、いわゆる割礼ステープラーと呼ばれる新しい割礼テクニックを紹介します。割礼手術は、私が泌尿器科クリニックでこれまでに行った中で最も頻繁な手術の1つです。陰部潰瘍疾患、ヒトパピローマウイルス(HPV)、さらにはヒトなどの性感染症のリスクが大幅に低下することが報告されています続きを読む “Circumcision Stapler: A better way for circumcision“

断続的な精巣捻転症:困難な臨床診断

断続的な精巣捻転症:困難な臨床診断

私は泌尿器科の練習を通して、断続的な精巣捻転症の患者に関連するいくつかの症例を見てきました。患者は常に睾丸痛がひどい救急治療室にいました。痛みは非常にひどく、患者がベッドに横になり、助けを得るためにすすり泣く以外に何もできないようにするのはひどいものでした。初め、続きを読む “Intermittent Testicular Torsion: Difficult clinical diagnosis“

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントを残す

ja日本語
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。