MRI前立腺結果の解釈

MRI前立腺結果の解釈

MRI前立腺結果の解釈
カンボジアではますます多くの紳士が定期的な前立腺がん検診を行うことで自分の健康に関心を持っています。

カンボジアでは医学的関心と健康増進プログラムが非常に活発であるため、前立腺癌を疑う可能性が高い多くの紳士が泌尿器科のオフィスで私に会うことを紹介します。過去に、前立腺がんが疑われたとき、それらを推奨する方法は1つしかありませんでした。しかし、私たちは常に前立腺組織生検手順を行うためにそれらを紹介します。それ以来、すべての患者が生検で前立腺がんの陽性結果を得るわけではありません!不必要な生検を受ける代わりに前立腺癌を患っていない人に本当に腹を立て、その結果、これらの合併症に非常に不公平に苦しんでいました。

  • 直腸痛
  • 直腸出血
  • 血まみれの排尿
  • まれですが重篤な合併症–生検手順による血流感染
MRI前立腺結果の解釈
不必要な合併症は、不必要な前立腺癌生検で発生する可能性があります。

現在、MRI前立腺は、生検手順を実行する必要がある患者を明確にするために不可欠なツールです。今日は、MRI前立腺の結果の解釈について説明します。よく訓練された放射線科医がMRI前立腺について報告するとき、彼らは常に「前立腺イメージング-報告およびデータシステム」の略である「PI-RADS」と呼ばれるシステムとして報告します。 PI-RADSスコアは、疑わしい前立腺がんのレベルに応じて変化する1〜5の値として報告されます。これにより、泌尿器科医と患者の両方に、決定を下すための多くの情報が追加されます。解釈方法と、陽性の積極的な前立腺癌生検結果の可能性は次のとおりです(2018年の米国の文献に基づく)

MRI前立腺結果の解釈
前立腺がんは、MRI前立腺モダリティによって正確に検出できます。

MRI前立腺結果の解釈

  • PI-RADS 1 –おそらく癌ではない–0%の進行性前立腺癌の可能性
  • PI-RADS 2 –おそらく癌ではない–0%の進行性前立腺癌の可能性
  • PI-RADS 3 –癌の不確定–8.9%の進行性前立腺癌の可能性
  • PI-RADS 4 –おそらく癌–21.4%の進行性前立腺癌の可能性
  • PI-RADS 5 –おそらく癌–62.7%の進行性前立腺癌の可能性

データから、PI-RADSスコアが3以上の人には生検を推奨する必要があることがわかります。とにかく、泌尿器科医と患者の間で慎重にカウンセリングする必要があるのは単なる追加データです。ご不明な点がございましたら、信頼できる泌尿器科医とご相談ください。または、テキストメッセージをお送りいただければ光栄です。次の記事でお会いしましょう!

私の公式ウェブサイトにアクセスできます ここ.

無料1
無料2
WeChat
WhatsApp BW 3
テレグラムファイナル
ライン

に関するトピック 泌尿器腫瘍学

多発性嚢胞腎:私たちは何をすべきですか?

多発性嚢胞腎:私たちは何をすべきですか?

毎日腎臓の問題に取り組んでいる泌尿器科医としての私にとって。若い人口に起こり、常に経験した人を怖がらせる、いわゆる「多発性嚢胞腎」という遺伝関連の腎臓病が1つあります。それは腎臓器官全体にいくつかの嚢胞性病変の状態です。今日、私はあなたのすべてを明らかにします続きを読む “Polycystic kidney disease: What should we do?“

6前立腺がんの予防に関する修正可能な危険因子。

6前立腺がん予防に関する修正可能な危険因子

私のオフィスの患者は前立腺癌の予防について多くのことを求めていますが、このトピックでは、あなたが検討し、自分でそれを可能にしようとする可能性のある6つの修正可能な危険因子前立腺癌の予防戦略を紹介します。しかし、その間、あなたは前立腺癌も主に関連していることを知っている必要があります続きを読む “6 Modifiable risk factors on Prostate cancer prevention“

事前の前立腺癌患者のアンドロゲン除去療法

事前の前立腺癌患者のアンドロゲン除去療法

このトピックでは、前立腺癌患者の事前のアンドロゲン遮断療法に引き続き焦点を当てます。私はカンボジアで5年以上練習しています。私は、前立腺がんの患者が毎年より高い割合で発生する可能性が高く、地元の人と外国人の両方に共通していることを発見しました。続きを読む “Androgen deprivation therapy in advance prostate cancer patient“

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントを残す

ja日本語
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。