fbpx

放射線性膀胱炎:骨盤部放射線治療後によく起こる血尿

放射線膀胱炎:骨盤放射線療法後の血性排尿

今日は放射線に誘発されて起こる血尿、または医学用語:「放射線性膀胱炎」について、詳しく話していきます。私が勤務する泌尿器科には、骨盤部の放射線治療を始められてから血尿の問題で診察に来られる患者さんがいらっしゃいます。この症状は慢性的な問題になったり、患者さんの生活の質にも大きな影響を及ぼします。

骨盤部位の放射線治療は、骨盤臓器のがん治療、例えば前立腺がん、子宮頸がんや大腸がんなどでは代表的な治療法として選ばれます。基本的には、他臓器に影響を及ばさないようにターゲットとなるがん細胞にのみ放射線を照射したいのですが、現実的には多少の入射を避けることは不可能です。標的に照射されなかった放射線は周囲の臓器に部分的に影響を与えてしまいます。膀胱は骨盤部に位置している臓器であるため、長期的な合併症の影響となり得ます。

放射線膀胱炎:骨盤放射線療法後の血性排尿
骨盤部の放射線治療は骨盤部臓器のがん管理で、代表的な治療法として選ばれます。

放射線性膀胱炎は、骨盤部の放射線治療歴のある患者数の5%に及ぶと報告されています。放射線が慢性的な膀胱炎を引き起こすまでには時間がかかるため、出血は放射線治療を終えた直後の患者さんに発症することはありません。放射線性膀胱炎が起こり得るのは、下記期間が多いとされています。

放射線膀胱炎:骨盤放射線療法後の血性排尿
膀胱は常に放射線療法で照射対象となってしまう隣接臓器です。
  • 放射線照射から3-6ヵ月後
  • 放射線照射から6ヵ月以降-放射線治療10年後がより一般的である

放射線性膀胱炎の治療計画は2段階に分かれる

  1. 出血が続いている時期
    • 大量出血が引き起こされているのであれば、膀胱洗浄を考慮
    • 放射線性膀胱炎の原因となる他の治療可能な原因を特定する(例:尿路感染症など)
    • 患者さんの容体安定のために必要であれば入院
    • 出血が続くようであれば、内視鏡止血手術を推進
放射線膀胱炎:骨盤放射線療法後の血性排尿
入院は激しい出血が見られる症例に必要とされます。
  1. 安定期
    • 高圧酸素療法(HBO)-放射線性膀胱炎が起こるのは、酸素不足の結果から膀胱の慢性炎症が原 因とされています。患者さんが高圧酸素カプセルの中に入ると、膀胱組 織の酸素が増加し慢性血尿の解消に繋がります。6ヵ月時に患者さんの 再診をすると96%の成功率に及びます。
    • 内服薬-ペントサンポリ硫酸は尿と接触する膀胱表面欠損部を修復することで、放射線性膀 胱炎に効果があり、1-8週間で効果が見られ始めます。
    • 膀胱内療法-膀胱内へのホルマリン点滴は約60-90%の治療効果率ですが、急性腎臓損 傷や呼吸器不全なども報告されています。期待できる代替え点滴薬として、結合組織の治癒過程を促すヒアルロン酸は治療効果率が92%に及ぶとの報告があります。
    • 尿路変更術-他の非侵襲的治療で効果が無かった患者さんのみに施されます。膀胱瘻を形成し腹部に固着します。
放射線膀胱炎:骨盤放射線療法後の血性排尿
高圧酸素療法は放射線性膀胱炎の治癒率96%に及びます。

私が患者さんにぜひ理解していただきたい最も大切なメッセージとして、放射線性膀胱炎は段階的に治療が必要となる慢性疾患であり、また臨床成果に耐えなければいけないということです。

私の公式ホームページにアクセスできます ここ.

無料1
無料2
WeChat
WhatsApp BW 3
テレグラムファイナル
ライン

に関するトピック 泌尿器腫瘍学

多発性嚢胞腎:私たちは何をすべきですか?

多発性嚢胞腎:私たちは何をすべきですか?

毎日腎臓の問題に取り組んでいる泌尿器科医としての私にとって。若い人口に起こり、常に経験した人を怖がらせる、いわゆる「多発性嚢胞腎」という遺伝関連の腎臓病が1つあります。それは腎臓器官全体にいくつかの嚢胞性病変の状態です。今日、私はあなたのすべてを明らかにします続きを読む “Polycystic kidney disease: What should we do?“

6前立腺がんの予防に関する修正可能な危険因子。

6前立腺がん予防に関する修正可能な危険因子

私のオフィスの患者は前立腺癌の予防について多くのことを求めていますが、このトピックでは、あなたが検討し、自分でそれを可能にしようとする可能性のある6つの修正可能な危険因子前立腺癌の予防戦略を紹介します。しかし、その間、あなたは前立腺癌も主に関連していることを知っている必要があります続きを読む “6 Modifiable risk factors on Prostate cancer prevention“

事前の前立腺癌患者のアンドロゲン除去療法

事前の前立腺癌患者のアンドロゲン除去療法

このトピックでは、前立腺癌患者の事前のアンドロゲン遮断療法に引き続き焦点を当てます。私はカンボジアで5年以上練習しています。私は、前立腺がんの患者が毎年より高い割合で発生する可能性が高く、地元の人と外国人の両方に共通していることを発見しました。続きを読む “Androgen deprivation therapy in advance prostate cancer patient“

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントを残す

ja日本語
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。