精巣上体嚢胞:私たちはそれに対処する必要がありますか?

精巣上体嚢胞

精巣上体嚢胞は、私の泌尿器科で最も一般的な精巣関連の問題の1つです。それは、精巣上体の以前の損傷または炎症の結果として文字通り説明される精巣上体炎を閉鎖する嚢胞構造として定義された。精子または精液が精巣上体嚢胞の内部にある液体であるという確認された証拠があります。これらは、精巣上体の嚢胞が完全に良性の病変であることを意味します。

精巣上体嚢胞:私たちはそれに対処する必要がありますか?
症状は通常、シャワーを浴びている間、偶然に自己検査の痛みのない陰嚢の腫れとして現れます。

の博物学 精巣上体嚢胞

症状は通常、シャワーを浴びている間、偶然に自己検査の痛みのない陰嚢の腫れとして現れます。それは常に無症候性でしたが、陰嚢超音波から偶然に報告された20 –40%がありました。精巣上体嚢胞の自然史は、自然治癒から、安定した、または時間の経過とともにゆっくりと成長するものまでさまざまです。ほとんどが無症候性であったため、かなりの大きさの無症候性精巣上体嚢胞への介入を掘り下げないことを強くお勧めします。 10mm未満の精巣上体嚢胞が保存的治療として安全に管理できることを示唆するいくつかの文献があります。

1cm未満は安全です
10mm未満の精巣上体嚢胞は保守的に管理することができます。
陰嚢の痛み
精巣上体の嚢胞は陰嚢の不快感として現れることがあります。

2019年以来、インドで行われた非常に興味深いランダム化試験で、彼らはさまざまなサイズの精巣上体嚢胞におけるさまざまな治療法を研究しました。ここに推奨事項があります。

  1. <10 mm
    • 3年以内に95%の自然治癒の可能性がある保守的な治療。
  2. 11〜20 mm
    • 3年以内に66%の自然な解決の可能性がある保守的な治療。
    • 症状のある患者には、穿刺吸引が推奨されます。
  3. 21〜50 mm
    • 3年以内の自然な解像度の0%
    • 症状のある患者には、穿刺吸引が推奨されます。
    • 不妊のリスクがあるため、外科的切除が最後の選択肢です
2cm以上の場合
外科的切除は、2cmを超える症候性精巣上体嚢胞で考慮されます。

私が言えるのは、精巣上体の嚢胞に慌てないでください。次の記事でお会いしましょう!

私の公式ホームページに気軽にアクセスしてください ここ.

無料1
無料2
WeChat
WhatsApp BW 3
テレグラムファイナル
ライン

に関するトピック 男性の健康

身体活動による勃起不全予防戦略

身体活動による勃起不全予防戦略

勃起不全の問題は、私の泌尿器科のオフィスで最上位のトピックの 1 つに分類されています。この厄介な問題は、この重要な臓器を病気から復活させるために常に最善を尽くしているため、この状態を経験した人にとっては非常に動揺しています.医師からの最も一般的で簡単な推奨事項は、単純な文です続きを読む “Erectile dysfunction preventive strategy with physical activity“

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントを残す

ja日本語
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。