切迫性尿失禁(UI):トイレに行く前に尿が漏れる

ストレスの不便

切迫性尿失禁の定義は、突然の排尿感であり、それを保持するのは非常に困難であり、尿が漏れることがあります。

の病因 失禁を促す 3つの主な原因に分類できます。

  1. 膀胱筋の過活動 –膀胱はウォーターポンプのようなもので、その機能は、尿がいっぱいになっている間に膀胱からすべての尿を収縮させることです。通常の状態では、膀胱が収縮しているときに排尿感があるので、トイレにいて自由に排尿できます。しかし、膀胱の制御を失い、筋肉が突然収縮し、排尿の強い衝動を経験した場合はどうなりますか?すると、のバスルームに行けなくなる場合があります。
  2. 膀胱筋の伝達が悪い –文字通り、通常の膀胱は、可能な限り尿を蓄えるためにバルーン弾力性のように機能し、膀胱受容者の質を害したり低下させたりする条件があるため、尿は自然に排出され、基本的には尿道を通過します。尿道。
  3. 膀胱感覚器の過敏症 –切迫性尿失禁の別の原因は、膀胱粘膜の感覚ユニットが特定の刺激に対して強すぎる反応をするときに起こります。だから、バスルームに入る前にドリブルを体験するでしょう。

切迫性尿失禁(UI)は、腹圧性尿失禁に次いで2番目に多い失禁として報告されています。老化や肥満が本当にUIに関係していることが確認されています。驚いたことに、UIは男性で優勢です。

切迫性尿失禁(UI):トイレに行く前に尿が漏れる
経年変化はUIに関係する1つの要因です。

患者が私の泌尿器科の診療所に入ったとき、UIの診断を確認するために、完全な病歴と必要な画像検査を伴う身体検査が推奨されます。アメリカの泌尿器科ガイドラインは、UIの治療オプションを3つの異なるレベルに推奨しています。

  1. 行動療法
    • 膀胱を訓練し、バスルームの適切な時間を調整します
    • 食事療法の変更
    • カフェインや喫煙などの膀胱への刺激を避けてください
    • 骨盤底筋力トレーニング
カフェイン
カフェインを避けると、UIが改善される可能性があります。
    • 抗ムスカリン剤
    • ベータ3アゴニスト
  1. 膀胱内ボツリヌス毒素注射
    • 毒素は膀胱筋を麻痺させ、UIの改善に働きます
    • 臨床的に改善している場合は、要件として6か月ごとに注射を維持し続けます。
ボトックス
内視鏡ボトックス注射はUI治療に役割を果たします。

繰り返しますが、尿失禁の予後は患者によって非常に異なるため、泌尿器科医は個人の目標を設定するために患者と話し合う必要があります。ご不明な点がございましたら、信頼できる泌尿器科医とご相談ください。テキストメッセージをお送りいただければ光栄です。次のコンテンツでお会いしましょう!

泌尿器科
泌尿器科医はUIを担当するスペシャリストです。
無料1
無料2
WeChat
WhatsApp BW 3
テレグラムファイナル
ライン

に関するトピック 女性の泌尿器学

女性の異常な排尿:活動不足の膀胱疾患

女性の異常な排尿:活動性の低い膀胱疾患

カンボジアで5年間泌尿器科を診療した後、私の女性の泌尿器科クリニックでは、女性の異常な排尿の問題がますます一般的になっています。今日は、女性の「活動不足の膀胱」疾患について話し合います。通常、膀胱の機能は、尿を蓄え、排尿時にすべての尿を搾り出すことですが、この種の病気は続きを読む “Female abnormal voiding: Underactive bladder disease“

女性のAURトピック

女性の急性尿閉(AUR)

まず、男性の性別と比較した場合、女性の尿閉は非常にまれな状態であると言わなければなりません。女性と男性の発生率が1:13と低いことを示す文献がありました。説明は、女性は尿道を閉塞している可能性のある前立腺を持っていないということです続きを読む “Acute Urinary retention (AUR) in Female“

一時的なトピック

一過性尿閉:管理

尿閉は私の泌尿器科のオフィスでよくある不満です。尿閉は、尿の急性保持として定義されており、世界中の何百万もの人々に影響を及ぼし、高齢者の有病率が増加しています。患者は、最初の保持エピソードに恐怖を感じ、特定の治療のために医療専門家を探している可能性が高くなります。良い続きを読む “Transient Urinary Retention: Management“

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

Urge incontinence (UI): Urine leaking before getting to toilet」への1件のフィードバック

コメントを残す

ja日本語
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。