fbpx

急性腎盂腎炎:腎臓の細菌感染症

トピック腎盂腎炎

腎臓関連の感染症は、泌尿器科医の責任下にある他の病気の1つです。間違いなく正しいです!今日は腎臓の細菌感染について話し合います。彼らはそれを「急性腎盂腎炎」と呼んでいます。この病状は、主に大腸菌というグラム陰性菌によって発生し、ここにそれらの侵入経路があります。

急性腎盂腎炎:腎臓の細菌感染症
大腸菌は急性細菌性腎盂腎炎の最も一般的な原因です
  1. 下部尿路からの上行性感染症
    • 急性腎盂腎炎の最も一般的な原因。
    • 人間の糞便の正常な植物相として生きる大腸菌は、尿路系の非常に有害な細菌です。
    • 大腸菌は、尿道、膀胱、尿管を通って上昇する脚のような構造を使用し、腎臓に到達すると、急性腎盂腎炎が発生する可能性があります。
  2. 血行性の広がり
    • 病因はめったにありませんが、通常、免疫力の低い患者に発生しました。

男性患者と比較した場合、急性腎盂腎炎は女性に5倍以上見られるという報告があります。急性腎盂腎炎の影響を最も受けやすいと認められている活発な性的状態の若い女性、およびこの病気に2番目に誘惑されたと考えられる別のグループは、乳児や高齢者、さらには妊娠中の女性に行きます。

健康な女性
活動的な性的状態の若い女性。急性腎盂腎炎の影響を最も受けやすい女性として顕著に見られます。

急性腎盂腎炎の症状を示す古典的なトライアドは

  • 腹痛
  • 吐き気または嘔吐

症状は通常1時間以内に発症し、女性では痛みを伴う排尿と血性排尿が同時に現れることもあります。場合によっては、身体検査で側面の打楽器の圧痛が明らかになります。尿検査などの臨床検査は、この時点で非常に有用であり、多くの炎症細胞を示すことがよくありました。臨床が本当に批判的でない限り、画像アクセスは急性腎盂腎炎の診断を助けるための単なるオプションのツールです。

高熱
熱性けいれんは、古典的な兆候の3つに1つです。

急性腎盂腎炎は、患者の状態に応じて、外来患者または入院患者として同時に治療することができます。病気が診断されたら、病原体を明確に特定するために尿培養を収集する必要があり、結果を待つのに少なくとも48時間かかります。この期間中、事前に広域抗生物質治療を開始し、病原体の種類を明確に把握した上で、その後、広域抗生物質の役割を果たします。

患者が時間内に治療を求めれば、急性腎盂腎炎の予後はすぐに回復します。それらが遅延している場合、いくつかの深刻な合併症が発生する可能性があります。たとえば、腎膿瘍、深刻なガス形成型腎臓感染症、さらには腎不全です。

質問は次のように出てきました。急性腎盂腎炎を予防する方法;予防の方法は、最終的には通常の尿路感染症の予防とまったく同じであると言わざるを得ません。

水を飲む
保護因子として、1日2リットル以上の水をたくさん飲んでください。
  1. 1日2リットル以上の水をたくさん飲む。
  2. 排尿をしないでください。
  3. 排尿と排便後、前から後ろに拭き取ります。
  4. 性交を終えた後、一度尿を排尿します。

急性腎盂腎炎について質問がある場合は、信頼できる泌尿器科医と話し合うことができます。 。世話をする!

無料1
無料2
WeChat
WhatsApp BW 3
テレグラムファイナル
ライン

に関するトピック 感染症

無症候性細菌尿:誰を治療する必要がありますか?

無症候性細菌尿:誰を治療する必要がありますか?

妊娠中の女性によく見られる無症候性の細菌尿の問題は、ほとんど産婦人科医を悩ませています。彼らがこの問題を発見した後、患者は常に泌尿器科のオフィスに転送されます。しかし、このような問題は妊婦だけでは起こりにくいので、ちなみにダイビングをします続きを読む “Asymptomatic bacteriuria: Who need to be treated?“

無菌性膿尿症:一般的な考え方と適切な管理

無菌性膿尿症:一般的な考え方と適切な管理

無菌性膿尿は、私の泌尿器科のオフィスでよく見られるもう1つの相談です。この状態は、この問題に遭遇している間、常に患者と医師を苛立たせました。病因についての議論の前に、私たちは最初にその定義についてより明確に知っていたでしょう。無菌性膿尿症は、「無菌性」と「膿尿症」の組み合わせです。無菌性–細菌感染がないことを意味します続きを読む “Sterile pyuria: General ideas and proper managements“

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

無料1
無料2
WeChat
WhatsApp BW 3
テレグラムファイナル
ライン

コメントを残す

ja日本語
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。