fbpx

尿管ステント:長所と短所

DJ stent Topic

尿管ステントは内視鏡的泌尿器科手術において非常に有用な外科用器具です。私の患者はいつもステントについて質問をしてきました。それは何ですか?それを留置するのは危険ですか?尿管ステントを留置する場合副作用を引き起こすのでしょうか? このトピックでは、すべての質問をわかりやすく解説します。  *尿管とは腎臓と膀胱をつなぐ長い管、ステントとは人体の管状の部分を管腔内部から広げる医療機器です。

DJ stent
DJステントは、尿管を固定するための内部設計の泌尿器科器具です。参照: http://www.alibaba.com

尿管ステントまたは医療専門家の間でよく知られる『ダブル- Jステント』は、両端にダブルピッグテールコイルを備えた小型のチューブです。(ピッグテイルの形状はアルファベットの“Jジェイ”の文字です)それは1976年から泌尿器科の管理に途方もない有用性を持って創案されてきました。尿管の内腔に対して小さい直径を有し、長さ25 cmの尿管の解剖的構造を模倣している形状のため、尿管の機能が損なわれるときはいつでも尿管の解剖学的な位置に固定できるように設計されています。尿管ステントが入っているとき、われわれは尿が腎臓から痛みなしに膀胱に自由に流れていると確信しています。

Kidney stone
DJステントの最も一般的な適応症の1つは、内視鏡後の結石手術です。

尿管ステントの適応の症例:

  1. 尿の流出障害を伴う重度の腎臓感染症
  2. 事故による重度の腎臓損傷
  3. 事故による尿管傷害
  4. 耐えられない急性尿路結石の痛み
  5. 大型の腎臓結石の体外衝撃波破砕術(ESWL)前に留置するステント
  6. 影響を受けた尿管結石による尿管の腫れ 内視鏡レーザー手術

尿管ステントの寿命–ステントは通常、泌尿器系で3か月間使用するように設計されています。システム内の時間が短いほど、保護ステントが覆われることが少なくなります(尿中にカルシウムイオンがあり、常に尿管ステントを泌尿器系の石にしようとします)。

ステント関連の症状 - 物事は長所と短所を持っているので、われわれは体内に尿管ステントを留置することから起こる不快な症状を避けることはできません。私たちの生体反応はとても賢く、この異物を感知することができ、常に自然の尿管収縮によってステントを取り除こうとします。残念ながら生体反応はステントが自由に排除されないようにするピッグテールシステムがあるからといって、すべて急に異物を感知し排除してきた機能を調整するという余裕がないため、異常な不快感と刺激の症状に遭遇する可能性があり、患者の約80%以上がステントの不快感を報告します。ほとんどの患者が容易にステントの不快感を経験します。下記がステント関連の不快感の症状と体験する割合です。

  • 頻尿 -50~60%
  • 切迫した尿意 -57~60%
  • 排尿中の刺激 -40%
  • 残尿感 -76%
  • 脇腹の不快感-19~32%
  • 恥骨部の不快感 -30%
  • 血尿 -25%
Doctor patient relationship
良いニュースは、ステントに関連する症状はすべて、取り除くと消えることです。

良いニュースは、尿管ステントを取り外すと、ステントに関連するすべての症状が消えることです。尿管ステントについて質問がある場合は、信頼できる泌尿器科医と話し合うことができます。 。次の記事でお会いしましょう!

Free 1
Free 2
WhatsApp BW 3
Telegram Final
LINE

に関するトピック 腎臓結石

Post ESWL Topic

ESWL後の患者への指示

ESWL処置を行った場合、または最近腎臓結石の治療を決定した場合は、この記事があなたにとって有益であるとは思えません。 ESWL-体外衝撃波結石破砕術は、特に腎臓結石に対する最も侵襲性の低い手技です。世界最新の第4世代ESWLは現在Royalに設置されています続きを読む “Post-ESWL patient instructions“

Microscopic hematuria

尿検査での最小限の出血:それは脅威ですか?

尿検査は、医学的調査で最も一般的な単純なものの1つであり、常に健康診断パッケージプログラムに含まれています。尿検査は見た目も音も非常にシンプルですが、実際にはこれまでよりも少ない医療検査よりも利用されていました。その音のように「シンプル」ではありません!ところで続きを読む “Minimal bleeding in urine examination: Is it threat?“

Topic picture

なぜ腎臓結石が起こるのですか?

腎臓結石の問題は、カンボジアの私のオフィスでは非常に一般的な問題です。腎臓結石の発生率に関する文献を検討した後、生涯に一度腎臓結石に直面した米国およびヨーロッパの人口の少なくとも10%の割合がありました。しかし、私がもっと研究をしようとすると続きを読む “Why kidney stone happens?“

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

コメントを残す

ja日本語
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。