fbpx

男性の急性尿閉:どうして私が?

Emergency

泌尿器科の緊急事態の1つに、本日お話しする急性尿閉があります。この状況は女性よりも男性患者さんに高頻度で見られています。そのためこのテーマでは主に男性患者さんの急性尿性に焦点を当てお話しします。一般的に急性尿閉は、60歳以上の方で症状が始まることで病態に気付く方がほとんどです。急性尿閉が発症しやすい危険因子については下記となります。

男性の急性尿閉:どうして私が?
良性前立腺肥大症は男性の急性尿閉の主な原因です

尿閉の危険因子

  1. 良性前立腺肥大症-老年男性が避けて通れない最も多くみられる危険因子として、前立腺肥大があります。一般的に、50歳以上の男性は徐々に尿の勢いが弱まりますが、泌尿器科医による適切な治療は来るべき将来の尿閉の発症リスクを最小限に抑えることが可能です。
  2. 尿道狭窄-尿道感染や性病、内視鏡泌尿器科的処置などの病歴/治療歴がある場合は、尿道腔が狭窄し最終的に閉塞する尿道瘢痕化誘発の恐れがあります。
Urethral stone
尿道結石は急性尿閉の原因の1つです
  1. 尿道結石-尿路結石により尿道腔内が閉塞することで発生するこの稀な状況は、結石の緊急排出が必要になります。
感染症
膀胱、前立腺または尿道の感染症は尿閉を引き起こす可能性があります
  1. 感染症-膀胱感染症、前立腺感染症や尿道感染症などは、感染患部で重症炎症となり結果的に急性尿閉を引き起こします。
Medication
一部の錠剤は排尿不能を引き起こします
  1. 薬物療法-服用や投薬を始めた医薬品により排泄機能が阻害されることもあり、特定の薬服用を止めた途端に急性尿閉が突然解決されることがあります。
Constipation
便秘は簡単に修正できる危険因子です
  1. 便秘-単純過ぎて急性尿閉になるのかと驚かれると思いますが、直腸に便が詰まることで尿道が圧迫され排尿困難になります。
Bed ridden
寝たきりは、誰かが排尿できない要因の1つです
  1. 歩行の制限-排泄のメカニズムは私たちが思っているより複雑です。膀胱は脳によりコントロールされており、男性が静かな場所で直立の姿勢である時に、脳は排泄の指示を出します。このメカニズムにより、ベットで寝たきりの多くの患者さんが尿が出ない問題に見舞われるのです。そのためこのような患者さんに対して、歩行回数を増やすよう勧めています。
Neuron
神経学的問題は、尿閉の複雑な問題と見なされます
  1. 神経性原因-複雑な病態の場合は、泌尿器科医の注意深い判断が必要になります。
  2. 膀胱機能障害-膀胱の収縮が上手く行えず、結果的に膀胱充満となる稀な病態です。

緊急治療では、尿道カテーテルまたは恥骨上カテーテルを挿入し、膀胱が破裂する前に大量の尿を膀胱内から排泄する「膀胱減圧術」を常に施します。特定の治療は、鍛錬された泌尿器科医によって行われます。また同時に、患者さんは治療や尿閉を引き起こす原因についてよく理解すべきです。最も大切なこととして、私たち医師は患者さんに病態状況についてシッカリと理解してもらう必要があります。例えば、大量の尿を排泄する治療を施した後に合併症として発症する血尿は、患者さんにとっては恐怖で鳥肌が立つ事態かもしれないため、起こりうる状況を事前に説明することで恐怖心やパニック状態を軽減できると考えています。

ご不明な点がございましたら、お気軽にご相談ください .

無料1
無料2
WeChat
WhatsApp BW 3
テレグラムファイナル
ライン

に関するトピック 男性の健康

嵌頓包茎:真の泌尿器科緊急事態

嵌頓包茎:真の泌尿器科緊急事態

嵌頓包茎は、私が救急治療室で頻繁に経験した泌尿器科の緊急の問題の1つです。陰茎亀頭の頭の後ろに陰茎包皮が刺さった状態です。それは割礼を受けていない紳士でより頻繁に起こります。今日は、病因とこれの適切な管理についてさらに詳しく話します続きを読む “Paraphimosis: True Urologic emergency“

割礼ホッチキス

割礼ホッチキス:割礼のためのより良い方法

今日は、いわゆる割礼ステープラーと呼ばれる新しい割礼テクニックを紹介します。割礼手術は、私が泌尿器科クリニックでこれまでに行った中で最も頻繁な手術の1つです。陰部潰瘍疾患、ヒトパピローマウイルス(HPV)、さらにはヒトなどの性感染症のリスクが大幅に低下することが報告されています続きを読む “Circumcision Stapler: A better way for circumcision“

断続的な精巣捻転症:困難な臨床診断

断続的な精巣捻転症:困難な臨床診断

私は泌尿器科の練習を通して、断続的な精巣捻転症の患者に関連するいくつかの症例を見てきました。患者は常に睾丸痛がひどい救急治療室にいました。痛みは非常にひどく、患者がベッドに横になり、助けを得るためにすすり泣く以外に何もできないようにするのはひどいものでした。初め、続きを読む “Intermittent Testicular Torsion: Difficult clinical diagnosis“

読み込み中…

エラーが発生しました。ページを再読み込みして、もう一度お試しください。

Acute urinary retention in male: Why this happens to me?」に3件のコメントがあります

  1. 親愛なるポミー博士、この記事を書いてくれてありがとう。それはまさに私のジレンマについて今日読む必要があったものです。私の中でこの問題を解決するためにすぐにパタヤに着くことができることを祈っています。

    あなたへの祝福!

    スティーブン・ロンザノ博士

    PS日曜日の朝RPPでお会いしましょう。

コメントを残す

ja日本語
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。